ようこそ、GOP・全国民グリーンオーナープロジェクトサイトへ! 本物のいのち(種)を育む農業者の集い

gop

夢を抱いて楽しんで上手に生きていく。グリーンオーナーズ倶楽部

このプロジェクトは「夢をもって上手に生きていく会・幸塾」のグリーンオーナープロジェクトです。別名を「グリーンオーナーズ倶楽部」ともいいますが、要するに同じです。

主な活動の趣旨:自然農をこころざす方々を応援

そもそもは「自然農をこころざす方々を応援することに重きを置いた活動です。自立できるまでそばに寄り添っていく。その活動が主な設立の趣旨です。

援農で応援.
購入して応援.
食べて応援.
広めて応援.

会費はおもにこの活動に使われてきました。

そして第2の活動が

休耕地・放棄地を復活させたいという一族の思いを叶える

です。
例えば、千葉県の大多喜町の災害で地元に見捨てられた放棄地を39年ぶりに劇的に復活させてきました。

例えば、四国愛媛県愛南町の1,4㌶の休耕地は、
所有者が関東在住であり、なかなか帰れない状況にあったことから、GOPが固定資産税などを負担し、トラクター等農業機材、数百万円を負担して一族が帰る日までを、護りとおしてきました。
 GOPの活動の思いが実り、1昨年から3男の悠人さんがあとを受け継いでくださいましたことを、みなさまにご報告させていただきます。
交通費と時間を含めたコストはあえて申しませんが、よくぞボランティアをやりとおしたものだと今更ながら思います。
 事務局の菅原克行さん、伊藤さんの完全自己負担での数年にわたるご尽力のたまものであることをご報告いたします。感謝…。
これらの予算は、会費からでは到底補えるものではございません。
「自分の良心への貢献」が活動の原動力となっております。

各地を開墾しながら渡り歩いてきての結論。
日本の農事産業は、もっとも有望な分野であるということです。

摘みたてサラダくらぶ?

子どもたちの体温を上げて「健康体が当たり前」にする。
例えば保育園や幼稚園でも、自然な摘みたて野菜を
食べさせるようになったら、全員、遅刻も欠席もない日が
3か月も続くようになった。

全員の成績があがった。
いじめがなくなり、周囲を気遣いあうようになった。

子育て支援

まずは「半農半勤」へ、そして「次には独立!」を
支援しあう。
リスクを回避するも、万全の手順を踏み、自分本来の
良心にしたがった利他共生の生き方を支援しあう。

80歳からの自立支援

80歳からの豊かな生き方に寄り添ってまいります。

自分のことを世話させるために子どもを…、「仕事をやめたり無理をしすぎて身体を壊したりさせるため」に子どもを産んだわけでは
ないでしょう。
気品あふれる上手な生き方を学びあい、応援しあいましょう。

まずは、「半農半年金」から…。
次に「使命」に向かう。

草に困らず虫に困らず.らくを楽しむ栽培法

在来種の種への回帰

在来種の種を守る活動です。

いのちの種の実態を知る。
在来種の種を自家採取して、交換し合う。
在来種の種の普及.
[詳細へ]

指針・若者が喜んで参入する農業の仕組みを推進する。

2013/04/13大下伸悦講演レジュメ、参考資料にどうぞ

3日前、3月18日のこと。カンボジャの稲作農業者がお礼と報告のために来日した。
「米が前年の25倍の収穫となりました」という内容であった。
採りいれた技術は、愛知県の研究者(神谷成章氏)が60年取り組んできた農法である。反収いくらかは判らないが、ともかく25倍もの収穫になったというのだ。この農法には、カンボジャだけではなく、ベトナム・フィリピン、カンボジャ等が国営事業として取り組んでいる。ラオスもそうだという…。韓国でも済州島からはじまる。これらの国への協力は国連からの要請を受けてのものだという。が、各国の資料を見ると、大掛かりに取り組んでいることがよくわかる。この農法は虫がつかない。感電死しているのではないか、という。人間は電気に強いが、虫は電気に弱いという。米の粒が揃う。田植えの2~3日前に「ある炭化水」を葉面冠水する。あるいは7日後に行ってもいい。これによって「染色体に変化が生じ、米の粒が揃うようになる。
[check]全文A4×2ページ 下記よりダウンロードいただけます。
}}

運営スタイル

プロジェクトへの参加

  • GOP(グリーンオーナープロジェクト)は、
    「夢をもって楽しく生きる会」の食・農・いのちに特化したプロジェクトです。
    別名を「GOPグリーンオーナーズ倶楽部」と呼称していますが同じ会です。

登録会費5000円(初回のみ。登録後は永久会員となります)
ご参加には、「夢をもって楽しく生きる会」に会員参加の上、GOP主宰、大下(おおした)まで、活動希望のむね、ご連絡ください。

プロジェクト 参加特典

1 gop(グリーンオーナーズくらぶ)は永久会員制です

''2「伸びゆく横浜/港北エリア綱島樽町」のGOP事務局で毎月最終日曜日に会員仲間の交流会(オフ会)を行っています。
ざっくばらんな情報交換の場です。どうぞ、気軽にが参集ください。http://www.fti-k.com/index.php?%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A

当日の御報告は「メールマガジン」でご報告いたします。不定期です。

3 楽しく生きる会/GOP主宰 大下伸悦(おおした・しんえつ)へ直接相談可
気軽にやり取りいたしましょう。携帯電話をなくするといけないので基本的に順固定にしています。ですから、その場で出なくても戻れば折り返し電話いたします。よろしくお願いします。
つながらないときはメールでどうぞ。
ryusui33@yahoo.co.jp

''4 長野県南木曽流水亭をクラブハウスとしてご利用ください。
ここに小さな畑がありますが、草に困らない畑として見に来られる方が多いです。
一昨年は頻繁に「畑づくり研修」をしておりましたが、今年は再開いたします。その時の「受講権」があります。ご予約の上お願いします。開催する場合はメルマガで告知いたします。''

流水亭と行っても、いわゆる築40数年の古民家です。
棚田が目の前に広がっています。
同じ地区に有名な「妻籠宿」があります。
温泉は4軒です。

http://www.fti-k.com/index.php?%E6%91%98%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%A6%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%B6

開催報告は会場となっているカムナcafe'のHPでどうぞ。
http://gop55.net/cafe-2

生活共同体として、自然農・有機農での緩やかな自給自足を行い、本人が希望する期間、ガーディアン家族と共に援農をし、寝食の提供を受けられるようにしていきましょう。

◎大綱/芸術文化情報ステーション(私たちの事務局所在地です)
http://www.fti-k.com/index.php?%E5%A4%A7%E7%B6%B1%E3%83%BB%E8%8A%B8%E8%A1%93%E6%96%87%E5%8C%96%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

流水亭
http://www.gop55.com/index.php?clubhouse


はじめまして GOP主宰 大下伸悦より

2011・12月

人類がいなくなっても
大自然は何も困らないでしょう。

人類はその点を勘違いしないように
して行かなければならないと思います。

神のお社に張り巡らされた言霊の仕組みは、
その神域にある1億2000万の住人に人類を導く役割を秘めているのでしょう。

2013年は、伊勢神宮も出雲の杵築大社(出雲大社)も
遷宮の年となります。

この年の12月23日までに
人類の精神基盤をアマテラスの言霊法則に切り替えるべく
われわれの意識を変えて行こうではありませんか。

われわれには夢がある。
人類に対して大自然が望んでいる思いに、
人類全体が感応して利他共生の次元に転換していくという夢だ。

発信した情報は、そっくりそのまま自分に返される。

その思いを共有しあい
「与え好きでお人好しの自他同然の社会」を
実現させようではありませんか。

2011年11月28日

GOP主宰・大下伸悦(小滝流水)

2011・5月

これから先、放射能と何十年も付き合っていかざるをえない。
放射能は、利他の時代の道標。
自他同然、利他共生の時代の幕開けである。

手づくりの有用微生物群「えひめAI(あい)」を直接お造りになって試されたみなさま、
お使いになられていかがでしたでしょうか。
手づくりの微生物たちの「命のハーモニー」は可愛いものですね。

わたしたちは、否応なく、これから何十年も死の灰(放射能)と付き合っていく運命にあります。
手づくりの微生物群が、わたしたちの、これからの人生の「ツキの玉手箱」となっていくのだろうと思います。

今回の広域大災害の対象地だけで、年間162万人分のお米が不足するとの試算がでています。
(2万6千ヘクタールの被害地中、2万ヘクタール相当)
しかも、復興までに3年間は要するとの見込みです。
確かに、こういう非常時の為に「国は米を備蓄」しています。
それでも「備蓄米があるから日本の食は安心だ」というひとは、あまりいないと思います。

農業従事者の多くは、高齢者です。60歳代はまだなんとかなるとして、
70、80歳代の農業従事者にとっての3年は、決して短い年数ではないでしょう。
時代は、消費から生産へと移行したように思います。
お金での品のやりとりではなく、
ひととひとのつながりでの「いのち(農産物)」のやりとりに回帰するときがきたのではないでしょうか。

利他社会とは、船井幸雄先生がいつもおっしゃる「自他同然の世界」です。
互助共生の社会になるのですから、金銭ではなく、昔の「講」のようなものが主役となっていくでしょう。

資本主義ではなく、米を中心とした穀物本位制に近づいていくのでしょう。
農業も様変わりします。天然自然の無垢な種と、
有機肥料すら使わない自然農や、ソマチッド農法・生体エネルギー農法が中心となっていきます。

驚くべき少子化時代も続きます。強烈な採用難の時代。
それは、半農半Ⅹの生活スタイルで、好きなことを選択していける、利他の時代になったということを意味しているのです。

いまこそ船井幸雄先生がおっしゃっている言霊の運用法則、すなわち、
「必要必然ベスト」「過去オール善」の思い方を癖づけて、長所伸展で「いまここ」を歩み続けるときなのだ、
といいたいのです。

どうぞ、知識で終わらせないでください。
お祭的に楽しみながら新しい日本のかたちを創っていく。
それが、グリーンオーナープロジェクトです。

GOP主宰・大下伸悦(小滝流水)

2008・9月

食糧危機は、やっと終わりを迎えそうだとわたしは安堵しています。

みんな、天然自然のものではない、
不自然な食べものしか口にしてこなかったのではないのですか?
化学的添加物・化学肥料・化学農毒(薬?)・遺伝子組み換えF1種という自殺種の種。

海の向こうから運ぶのに、芽を出さないように有害な放射線を浴びせ、腐らないように防腐剤漬け、
虫がわかないように殺虫剤漬け、着色剤処理のものを口にしてきました。

種の世界に特許権を持ち出すような不届き者もいます。
そんな食糧危機にさらされてきたのが今までだったはずです。

彼らは、今になって食糧危機をたくらんでいるようです。
しかしながら、冷静に俯瞰してみれば古典的な手口なのですよね。
民を「不安と恐怖」であおり、浮き足立たせて自分たちが仕掛けておいた罠へと落とし込んでいく。

騒げば騒ぐほど、彼らの思うつぼになるということを、
わたしたちは、すでに見抜いているのですからね。
勝手に踊らせておいたらいい…。
かまわず、別な道を選択して参りましょう。

さあ、今、食糧危機の終わりが始まりました。

GOP主宰・大下伸悦(小滝流水)



大下伸悦さんVTR

2009年2月7日 幸塾・船井幸雄と楽しく生きる会全国大会2009 講演風景

#html{{
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/Pv55Ky-2DLY&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/Pv55Ky-2DLY&hl=ja_JP&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

2008年田植え体験風景(NPO法人めだかのがっこう・椿農場於)



グリーンオーナー倶楽部の会員募集について

いかにも深刻そうに語られる食害問題は、本来、問題ではなかったのです。
問題は自分自身でした。
米や野菜という命を「商品」扱いして、他人任せにしている無責任な自分たちが、
自然界との命の連環を断ち切っていたのです。

種は命。わたしという命そのものでした。

自然界の一員に戻りましょう。自分の命の種を蒔きましょう。
援農もベランダ農も、まだ無理だというひとは、
農家さんから1年に1回、直接5000円分の米と野菜を買ってみてください。

または、自然農に転換し始めたひとが安定するまで、見返りを求めずに5000円で応援してください。
それが、全国民グリーンオーナープロジェクトです。

GOP・グリーンオーナープロジェクト
主宰 大下伸悦

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional